本文へスキップ

武蔵の國よさこい実行委員会は、埼玉県日高市及び近隣地域をよさこいで繋ぐハートフルな催しを企画運営しています

お問い合わせはmail:yosa51-41yasa@nifty.com 

委員会名称由来武藏の國とは…

武蔵国について概略

店内イメージ

現在の東京都埼玉県のほぼ全域および神奈川県 川崎市横浜市にまたがる東部地域を占めた旧国名であり、日本の地方行政区分である令制国の一つで「武蔵国」と書き、「むさしのくに」と読みます。

「武蔵」の名は古代から使われていたという歴史があるが、「武蔵」の名の起源は諸説唱えられているものの、いずれの説も根拠となる資料に欠き定説とはなっていないそうです。
明治の廃藩置県や第1次府県統合、行政移管等を経て、明治9年の第2次府県統合で埼玉県が現在の区域となっています。
別称では「武州」とも呼ばれています。

私たちは古き良き1つの時代・歴史があってこその今であり私たちであると感謝し認識しております。
そこで委員会ではその大国「武蔵国」にあやかって名称といたしました。
小さな力ではあるが、その一つ一つに存在を感じる、そんな企画をして参りたいと存じます。


古くから「武蔵野」と呼ばれてきた埼玉県

料理イメージ

武蔵野の範囲について明確な定義はありませんが、広辞苑によれば「埼玉県川越以南、東京都府中までの間に拡がる地域」であり、また広義には「武蔵国全部」を指すこともあるとされています
またたとえば、江戸後期に出版された『江戸名所図会』(後述)は、「南は多摩川、北は荒川、東は隅田川、西は大岳(だいがく)・秩父根を限りとして、多摩、橘樹、都筑、荏原、豊島、足立、新座、高麗、比企、入間等すべて十郡に跨る」と解説しているそうです。
 ※Wikipediaより抜粋


日高市は…

食材イメージ

日高市は、埼玉県の南西部に位置し、首都40キロ圏内にあります。東西約11.1キロメートル、南北約6キロメートルでほぼ矩形をなし、東は川越市、南東は狭山市、南は飯能市、北は坂戸市・鶴ヶ島市・毛呂山町に接しています。

東部はなだらかな台地で武蔵野の面影が色濃く残る市街地となっています。西部は秩父山地と高麗丘陵で、標高200から300mの丘陵・山岳地帯です。そして丘陵と台地の間を高麗川が東に流れています。

市の東側に首都圏中央連絡自動車道(圏央道)と国道407号、西側に国道299号が走り、県道川越日高線がこれらを結んでいます。鉄道はJR八高線とJR川越線、西武池袋線が乗り入れ、市の発展に大きな役割を果たしています。

日高市は、東京都心から約40キロメートル圏内にありながら、市西部地域が奥武蔵自然公園に指定され、関東百名山の日和田山や500万本の曼珠沙華が咲き誇る巾着田、そして清流高麗川に代表される豊かな自然を有しています。

また、西暦716年に朝鮮半島からの渡来人により高麗郡が建郡されてから約1300年を迎えるなど、深い歴史と文化が今なお継承され、歴史ある建造物も多く残されています。そして、市内には朝鮮半島の「魔よけ」とされている将軍標(チャンスン)をあしらったモニュメントなどが設置されています。

 ※日高市ホームページより抜粋


TOP

ナビゲーション

店舗イメージ

shop info.店舗情報

武蔵の國よさこい実行委員会

埼玉県日高市
事務局
yosa51-41yasa@nifty.com

http://aiai.travel.coocan.jp/
yosakoi.html